暖房設備はどれがいい?~薪ストーブ・全館空調・床暖房~|イオスホーム|埼玉、茨城、栃木の新築一戸建て、注文住宅、リフォーム

イオスホーム

0120-12-5055 営業時間|9:00~18:00

公式ブログ

2021年12月09日

暖房設備はどれがいい?~薪ストーブ・全館空調・床暖房~

こんにちは!
茨城・埼玉・栃木を中心に住まいと家づくりのご提案をする、イオスホームです。
ストーブ、エアコン、床暖房……夏に比べて、冬は空調を調節する設備の種類がたくさんあります。今回は、暖房設備の特徴を取り上げながらご紹介していきます!

●薪ストーブ
近年人気の高い薪ストーブ。遠赤外線で身体を芯からポカポカにしてくれます。家全体を暖めてくれるので各部屋に暖房機器を置く必要がありませんが、間取りによっては暖まりきるのに時間がかかります。
薪を準備するのが少し大変なことと、大量の薪を収納するスペースが必要になる一方で、電気やガスを使用しないので災害時にも頼りになります
インテリアとしてもおしゃれ!

●全館空調
家全体の冷暖房や換気を一括管理できるシステムが全館空調です。
家の中の気温差がなくなるので、ヒートショックの防止に最適。各部屋にエアコンを設置しなくて済むので、見た目がすっきりしてデザイン性が高い点も特長です。換気や空気清浄が一度にできるのもいいですね。
イニシャルコスト・ランニングコスト共に比較的高めですが、家族が多く、各々がお部屋でエアコンを使う……というご家庭でしたらそれほどの差はないかもしれません。反対に、使っていない部屋もすべて冷暖房を効かせるので、家族の人数が少ないともったいないことも。

●床暖房
床の下に電気ヒーターや温水配管を配置して、足元から暖める床暖房。暖かい空気は上にたまるので、足元から暖めるのは理にかなっていますね。
「床暖房している部分だけ熱くなりすぎちゃって…」というお悩みが聞かれることもありますが、イオスホームがおすすめしている一階全面蓄熱式床暖房は一階の床すべて(土間まで!)に温水配管が張り巡らせてありますので、「その部分だけ熱い」ということはありません。トイレや脱衣室も床暖房が効いているので、全館空調同様ヒートショックの防止になります。
温水の柔らかい暖かさが家全体を包み込んでくれる、優しい暖房設備。床から暖かい空気が上がっていきますので、2階まで暖かです。

詳しくはこちらをご覧ください
「イオスホームの床暖房はなぜ家全体を暖められるのか?」
https://www.eoshome.co.jp/blog/4233
「イオスホームが床暖房をおすすめする4つの理由」
https://www.eoshome.co.jp/blog/3977

イオスホームのイチオシはやっぱり床暖房!「一階全面蓄熱式床暖房」を強くおすすめします。
スタッフが丁寧にご説明させていただきますので、ご興味のある方はお気軽にお問い合わせくださいね(^^)