イオスホーム

0280-32-9222 営業時間|9:00~18:00

地震に強くより安全に

地震に強くより安全に

safety

今後関東近郊で起きる可能性も高いと言われる大地震。
住まいの地震への対策は一層重要となっていくでしょう。

熊本地震においては、国による新耐震基準の設定以降の住宅も損傷し、土台を接合する金物の仕様が不十分であったものにおいては倒壊に至る事例も報告されています。

さらに本震・余震と何度も発生する地震によって被害が拡大した状況から、
イオスホームでは、繰り返し地震に耐え抜くより高いレベルでの安全性が必要であると考えています。

イオスホームの住宅は、
全棟設計士が担当します

耐震基準をただ数値的にクリアするコンピューターソフトのチェックだけに頼らず、お客様のご要望を取り入れた間取りを作成する中で、十分な強度を得るにはどのような工夫が必要なのかを、知識と経験によりサポートします。建設は、第三者機関の構造検査を受けながら進行し、お客様にも現場を確認していただきます。
また、新耐震基準(耐震等級1)の約1.5倍の壁量を確保した耐震等級3を標準仕様とした商品もご用意し、耐震性の向上に努めています。

より安心な耐震性

永く丈夫であるために
大切なこと

繰り返し地震への対策として、「制振」を重要と考えています。
制振とは、制振装置が揺れを吸収し、地震による揺れ幅を小さくし、建物本体へのダメージを減らすものです。
これは永く丈夫であるために大切な事です。

繰り返される地震による構造部材の損傷は、筋違いや構造用合板を留める釘やビスの緩み等、外からではわかりにくいものも多いのです。
制振装置によって建物に蓄積する損傷を抑え、また室内の家具等の倒壊を防ぎ安全性を高めます。

地震後の内装などの修繕に必要なコストを抑えることにも繋がります。

永く丈夫であるために大切なこと

イオスホームがご提案する地震に強い住宅

地震に強い住宅