イオスホーム

0280-32-9222 営業時間|9:00~18:00

健康な暮らし

健康な暮らし

四季のある日本で、暑さと寒さに耐える住宅の仕様は進化を続けています。
また近年では、住宅に自然エネルギー等の再生可能エネルギーを利用し、
エネルギー消費量との収支をゼロに近づけていく事が主要な課題となっており、
国も企業も様々な取組みを展開しています。

エネルギーは暮らすため消費するものだった時代から、自ら創り出す持続可能な時代へ変化しています。
そんな中で、

  • 一体自分はどんな家を選べばいいのだろう?
  • どんな家が自分に合っているのだろう?
日頃身近に感じている疑問

…と思い、迷う事があるでしょう。
おそらくお客様それぞれに、日頃身近に感じている住環境に関する問題があると思います。

  • 暑さ寒さを防ぎたい
  • 光熱費を抑えたい
  • アレルギーを抑えたい
  • カビの発生を抑えたい

こうした問題にはそれぞれ解決へのアプローチがあります。

暑さ・寒さについては、断熱材のスペックを上げたり窓の断熱性を高めたりと、建物の基本性能を上げることが効果的です。さらに採風計画をするなど、機械設備を使わず自然エネルギーを利用するパッシブと言われる手段が有効です。

光熱費を抑えるには、前述の手段に加え、太陽光発電システム等の導入が考えられます。これは機械設備を用いるアクティブと言われる手段です。国が推めるZEH(住宅の年間の一次エネルギー消費量が正味(ネット)でゼロとなる住宅)基準の住宅も検討できます。

アレルギーやカビの発生を抑えるには、室内の空気が滞らないように換気計画をする事が大切です。また、アクティブやパッシブとは違った解決へのアプローチとして、例えば調質性能を持つ素材を採用する方法もあります。

冒頭にも述べた「家づくりのバランス感覚」がここでも大切と言えます。
アクティブとパッシブ、素材をうまく取り入れお客様オリジナルの家を一緒に考えていきましょう。

アクティブとパッシブ、素材をうまく取り入れお客様オリジナルの家を一緒に考えていきましょう。