イオスホーム

0120-12-5055 営業時間|9:00~18:00

用語集

工法・構造の用語

<工法の用語>

重量鉄骨工法(じゅうりょうてっこつこうほう)
柱・梁とコンクリートスラブで構成される構造で、集合住宅などに多く使われます。間取りの自由度は最も高いが、外装材に制約があります。

鉄筋コンクリート壁式構造(てっきんこんくりーとかべしきこうぞう)
コンクリートの壁・スラブで構成される工法。柱が出てこないので、部屋が広く使えますが、内部に構造壁が必要となるので、間取りの制約があります。

鉄筋コンクリートラーメン構造(てっきんこんくりーとらーめんこうぞう)
コンクリートの柱・梁・スラブで構成される工法。耐震制・耐久制・耐火性に優れています。柱の大きさ・位置を考慮すれば、内部の間仕切りの自由度は高くなります。

鉄骨系プレハブ住宅(てっこつけいぷれはぶじゅうたく)
いわば鉄骨軸組工法。すべて工場生産のため、精度・鉄骨品質は高い。地震などによる建物の揺れが比較的大きいため、外壁材が揺れに追従するものに限定されます。

PCコンクリート住宅(ぴーしーこんくりーとじゅうたく)
PCコンクリート(工場で生産したコンクリート構造部材)を現場で接合する工法。施工の単純化・工期の短縮・コスト低減などのメリットがあります。

木質系プレハブ住宅(もくしつけいぷれはぶじゅうたく)
プレハブ工法による木造住宅の建て方。各ハウスメーカーが独自の工法・構造を開発した木質パネルによって、壁や床などの面で耐震性を確保する工法で、工期が短いのが特長です。

木造軸組工法(もくぞうじくぐみこうほう)
日本で古くから発達してきた伝統工法(でんとうこうほう)を簡略化・発展させた木造住宅の建て方。土台・柱・梁・桁・筋交などの軸組(骨組み)で構成されます。木造の他の工法に比べてプランニングの自由度が高いです。

枠組壁工法(ツーバイフォー)(わくぐみかべこうほう)
北米から輸入された木造住宅の建て方。2×4インチの部材と構造用合板を用い、壁や床などの面で耐震性を確保する工法です。構造上、多少レイアウトの制約があります。

<仮設の用語>

足場(あしば)
工事を行う為に建築の内外に設ける仮設の作業床。丸太を組んだ丸太足場や・スチール製の鋼管足場などがあります。一般に基礎が出来た後に設置します。

足場解体(あしばかいたい)
建築の外回り(屋根・外部建具・外壁・外部塗装・雨樋等)が仕上げがった後、その為に使用した足場を解体することです。

仮設(かせつ)
工事のために必要な一時的な施設や準備。仮囲い・足場・仮設の電気、水道、トイレ・遣方・墨出しなどが含まれます。

仮囲い(かりがこい)
工事を始める前に、工事現場と外部の隔離、盗難・災害の防止などの為、工事期間中設ける板塀などの囲いのことです。

杭打ち(くいうち)
建物の荷重を固い地盤で支えるために、杭を地中に埋込むこと。地盤の状態や建物の荷重により、木製(松など)の杭やコンクリート製の杭などを使用します。

地業(じぎょう)
基礎や土間コンクリートを設けるために、杭打ちをしたり地盤を締固めること。地突き、地固めとも呼びます。

墨出し(すみだし)
部材の取付け位置や天井の高さ、階段の寸法などを壁・床・柱などに正確に表示すること。墨を用いて書き記すことから「墨出し」と呼ばれます。

縄張り(なわばり)
敷地に建物の位置を定めるため、配置図にしたがって建物の形に地縄を張りめぐらすこと。=「地縄張り」

根切り(ねぎり)
建物の基礎あるいは地下室を設けるために、地面を掘り下げて所要の空間を造ることです。

ベンチマーク(べんちまーく)
基準点。主に建物の様々な高さ(床の位置など)を決める為の原点。また、土地の高低測量(高低差を測る)をする際の基準点のことです。

水盛り(みずもり)
建物の基準となる水平を定めること。水面の高さが一定となることを利用して求めることからそう呼ばれます。

遣方(やりかた)
建物の周囲に、遣方杭(水杭)と呼ばれる杭を打込み、それに遣方貫(水貫)と呼ばれる板を打ち付けて建物の基準となる高さや壁・柱の芯を示すことです。

養生(ようじょう)
緩衝材などで出来上がった部分や既存の部分を保護すること。また、路上などへの器材の落下や飛散を防止するために網を設置します。

<基礎の用語>

アンカーボルト(あんかーぼると)
土台が基礎からずれたり、はずれたりするのを防ぐ為、あらかじめ基礎に埋込んでおくボルト。建物の隅・土台の継手に設けます。

換気口(かんきこう)
床下に湿気がたまると、土台や柱が腐ったり、シロアリの被害にあう為、通風を良くして湿気を取り除く為に設けるものです。開口の周囲には補強用の鉄筋を設けます。

基礎(きそ)
建物の荷重を支える地面に接した部分。普通は鉄筋コンクリート造で、建物の大きさ・構造によっていろいろな形式があります。

くい基礎(くいきそ)
軟弱地盤の場合などに、数メートル下の強固な地盤に対して木杭・コンクリート杭・鋼管杭等を打ち、その地盤で建物の荷重を支える基礎です。

地盤改良基礎(じばんかいりょうきそ)
部分的に弱い地盤の場合に、基礎の下の地盤にセメント系硬化材などを用いて地耐力をアップさせ、その上に基礎を設ける方法です。

スリーブ(すりーぶ)
後から、吸配水管などの配管を通す為に、コンクリートの基礎、梁壁や鉄骨の梁などにあらかじめ設ける管や穴のことをいいます。

鉄筋(てっきん)
圧縮される力に強いが引っ張られる力に弱いコンクリートを補強する目的で、コンクリートに埋込んで引張り力を補う鉄線。丸鋼・異形棒鋼などがあります。錆には弱い。

独立基礎(どくりつきそ)
1本の柱の下に単一に設けた基礎。柱にかかっている荷重を、地盤などに伝える役割を持っています。独立フーチング基礎・単独基礎とも呼びます。

ネコ土台(ねこどだい)
換気口のかわりに基礎と土台の間に厚さ2mm程度の木片などを設けて、通風を可能とするもの。プラスチック製のものなどがあります。

フーチング基礎(ふーちんぐきそ)
基礎の下部が広がった形状(フーチング)になっていて、その部分で建築の荷重を地盤などに伝える構造の基礎。独立・連続・複合基礎などに分けられます。

複合基礎(ふくごうきそ)
独立基礎がいくつか複合してできている基礎。また2本以上の柱を1つの広がりの基礎版で支える基礎。複合フーチング基礎とも呼びます。

べた基礎(べたきそ)
建物全体の下にコンクリートの版を造って建物を支える基礎。基礎の設置面積が増え地盤荷重の負担が軽減する為、特に地盤が軟らかい土地などで用います。

連続基礎(布基礎)(れんぞくきそ(ぬのきそ))
建物の土台に沿って連続した同じ断面の基礎。木造・鉄筋コンクリート造などに用います。最も一般的な基礎です。

割栗・割栗石(わりぐり・わりぐりいし)
基礎の下に敷く砕いた小さな石。地面の上に敷いて地盤を固めるために用います。地業に含まれる工事で、「割栗地業」とも言われます。

<床組の用語>

大引き(おおびき)
床を支える構造部分。根太を支え、床束または大引受などへ荷重を伝えます。根太と直角に900mm間隔ぐらいで設置する角材です。

置き床(おきゆか)
床組の一種。根太を設けずに、土間コンクリートなどの上に、高さの調整のできる金物を設けて床板を貼って造る床。マンションなどに多く用いられます。=「フリーフロア」

組床(くみゆか)
床組の一種。大梁に小梁を架け渡し、その上に根太を設けて床板を貼って造る床。建物の2階以上で、比較的大きい空間に用いられます。

転ばし床(ころばしゆか)
床組の一種。土間コンクリートなどの上に、床束を設けずに大引きもしくは根太を設けて床板を貼って造る床。建物の1階や、マンションなどに多く用いられます。

束石(つかいし)
床束を支えるための石。独立基礎の一種で、直径20~25cm程度の玉石や、コンクリート、コンクリートブロックが使われます。

束立て床(つかたてゆか)
床組の一種。地面に束石を設け、その上に順に床束、大引き、根太を設けて床板を貼って造る床。伝統的な木造軸組工法の1階の床に多く用いられます。

根がらみ貫(ねがらみぬき)
柱の根元や床束を固定するために、それぞれを連結する板材。束が高い場合などは斜めに取付けて、筋交を兼ねる場合もあります。

根太(ねだ)
床を支える構造部分。床板を支え、大引きあるいは床梁(床を支えている梁)に荷重を伝えます。根太を渡す距離によって大きさが決まります。

根太床(ねだゆか)
床組の一種。大引き・床梁(床を支えている梁)等を設けずに、根太のみを架け渡して床板を貼って造る床。廊下など幅の狭い空間に用いられ、単床とも呼ばれます。

梁床(はりゆか)
床組の一種。床梁(床を支えている梁)を土台や梁に架け渡し、その上に根太を設けて床板を貼って造る床。建物の2階以上の床に多く用いられます。

フリーフロア(ふりーふろあ)
床組の一種。根太を設けずに、土間コンクリートなどの上に、高さの調整のできる金物を設けて床板を貼って造る床。マンションなどに多く用いられます。=「置き床」

床組(ゆかぐみ)
床を支える構造部分。根太・大引き・床梁(床を支えている梁)の組み合わせによって様々な種類があります。

床下換気扇(ゆかしたかんきせん)
床下に湿った空気がたまらないように、強制的に換気する目的で床下に設ける換気扇。タイマー式のものが多く見られます。

床束(ゆかづか)
床を支える構造部分。大引きを支え、束石などに荷重を伝えます。大引と同じか、やや小さい木材を用い、基本的に大引と、かすがい(先端の尖ったコの字状の金物)で留めます。

<木造の用語>

横架材(おうかざい)
梁・桁・胴差し・土台など、木造建築の軸組において水平方向に渡された部材のことです。

大壁・大壁造り(おおかべ・おおかべづくり)
木造住宅の壁の造り方の一つ。洋室などに多く使われる、柱を見せずに仕上げる方法。柱にボードなどを張って下地とし、壁紙などで仕上げます。

大梁(おおばり)
柱と柱を結ぶ梁で、垂直荷重および地震時に抵抗するための梁です。

管柱(くだばしら)
柱の一種。2階以上の木造建築の柱のうち、一本で土台から軒まで通さずに、途中の桁などで中断されている柱。通し柱以外の柱のことを呼びます。

桁(けた)
小屋組を支える水平な部材。垂木や小屋梁柱に荷重を伝える横架材。建物の棟に平行な方向のことを桁行(けたゆき)と呼びます。

けらば(けらば)
切妻屋根の妻側(棟の両端部)の端部の名称。けらばに設ける瓦をけらば瓦と呼びます。

構造材(こうぞうざい)
柱・梁・土台など、建物の構造を担う材料の総称。下地に隠れてしまうものが多いが、化粧材を兼ねるものもあります。

構造用合板(こうぞうようごうばん)
建築の構造上重要な部位に用いる合板。主に床・外壁の下地として用いられます。柱の外側に打ち付けると、筋違の様な効果が得られます。

小梁(こばり)
垂直荷重のみを受け持ちスラブの荷重を大梁に伝える梁。基本的に大梁と大梁の間にかける梁です。

小屋束(こやつか)
小屋組を構成する材で、母屋からの荷重を梁に垂直に伝える部材。真束・杵束・蕪束・対束・吊束などの種類があります。

小屋梁(こやばり)
小屋組の一番下に水平にある部材で、垂木と平行に用いられるものを呼びます。和風小屋組みでは自然丸太などが使われます。

在来木造住宅(ざいらいもくぞうじゅうたく)
日本で古くから発達してきた伝統工法(でんとうこうほう)を簡略化・発展させた木造軸組工法で建てられた住宅。レイアウトの自由度は高いです。

敷桁(しきげた)
外壁の頂部にあって、柱を連結しておく桁のことで、小屋梁を受けるもの。上部に鼻母屋(桁に最も近い母屋)を乗せて垂木を受けます。

軸組(じくぐみ)
木造・鉄骨造の建物の骨組みのこと。土台・柱・梁・桁・筋交などで構成されます。

仕口(しぐち)
木材の加工において2つの材料を接合させる時に、直角につなぐ加工方法。また、その接合箇所のことです。

集成材(しゅうせいざい)
木材の板(厚さ25~50mm程度)を重ねて接着して造られた材のこと。変形が少なく、大きな断面のものや長い材料が得られます。

真壁・真壁造り(しんかべ・しんかべづくり)
木造住宅の壁の造り方の一つ。和室などに多く使われる、柱を見せて仕上げる方法。柱が構造材と化粧材を兼ねます。

筋交・筋違(すじかい)
建築の変形を防ぐために、2本の柱と上下の横架材で出来る四角形に対角線状に入れる材料。筋違は最低でも30mmX90mm以上と定められています。

隅木・谷木(すみぎ・たにぎ)
隣り合う屋根傾斜面の交わる部分に取付ける材で、出隅に取付けるものを隅木、入隅に取付けるものを谷木とよびます。

垂木(たるき)
屋根勾配にしたがって、棟木から母屋・軒桁に向けて架け渡し、野地板を受ける角材。通常、450mm間隔で設置します。

継手(つぎて)
木材の加工において2つの材料を接合させる時に、一直線につなぐ加工方法。また、その接合箇所のことです。

吊木・釣木(つりぎ)
天井などを吊る為に用いる材で、上部は小屋梁・床梁(床を支えている梁)などに固定した釣木受けにとりつけます。

胴差し(どうさし)
木造住宅の構造材で、上階と下階の間に水平に入れる部材。各管柱をつなぎ上階の床を支える梁を受けます。

通し柱(とうしばしら)
柱の一種。2階以上の木造建築の柱のうち、一本で土台から軒まで通っている柱で、通常は建物の四隅など構造上重要な位置に使われる柱のことです。

胴縁(どうぶち)
羽目板やボードを取付けるための材。「横胴縁」は柱や間柱に水平に取付け、「たて胴縁」は梁や土台に垂直に取付けます。

土台(どだい)
柱を支え、荷重を基礎に伝える部材。基礎の上にアンカーボルトで固定されます。腐蝕に強い桧やヒバなどが用いられます。

貫(ぬき)
柱や束を貫いて固定する薄くて幅の狭い板材で、真壁造りに使用されます。柱を貫通させるものと、柱ごとに差し込むものがあります。

軒桁(のきげた)
外壁の頂部にあって、軒の下に渡される横架材。母屋の一種で垂木を受ける役割を持っています。

野地板(のじいた)
屋根工事の下地板のこと。垂木の上に直接打ち付けるもの。廊下、縁側などでは、野地板をそのまま天井仕上げとすることもあります。→「化粧屋根裏天井」

登り梁(のぼりばり)
水平にではなく、屋根の勾配などに沿って登るように設けられた梁。斜め天井などにおいて、梁をみせたくない場所などに用いられます。

柱(はしら)
屋根や床の荷重を支え、土台などへ伝えるための垂直の部材。梁とともに構造上最も重要な部材です。

鼻隠し(はなかくし)
垂木の鼻の木口を隠すために取付ける板。材質は木・金属成形版・プラスチックなどがあります。

破風板(はふいた)
垂木・母屋・桁の鼻(部材の先端部)を隠すために取付ける板。破風板によって、屋根の妻側(棟の両端部)の形が決まります。

羽目板(はめいた)
外壁・内壁に用いる平坦に張った板。板の張り方で竪(縦)に並べて張るものを「竪羽目」・横に並べて張るものを「横羽目」と呼びます。

梁(はり)
小屋組や床組を支える水平な部材。柱と柱を繋ぐ梁を大梁、主に大梁と大梁を繋ぐ梁を小梁と呼びます。

梁せい(はりせい)
梁の下面から上面までの高さのこと。幅のことは梁幅と呼びます。樹種・梁間(スパン)などによって、必要な梁の寸法が決まります。

梁間(はりま)
梁を支える両側の柱の中心間の距離のこと。この距離に応じて梁の寸法や材質が決まります。=「スパン」

火打(ひうち)
土台や梁の変形を防ぐ為に、直角に交わる角の部分(隅角部)、T字に接合する部分に斜めに取付ける補強材。通常は角材を用いますが、板類を用いることもあります。

まぐさ・窓台(まぐさ・まどだい)
出入口、窓などの開口部の上下に水平に設ける部材で、上部にありその上部の壁を支えるものを「まぐさ」、下部にあり窓の下枠を受けるものを「窓台」と呼びます。

間柱(まばしら)
柱の一種。柱と柱の間にあって、内・外壁下地のための柱で上の階の荷重を負担しないもの。通常、柱の半分もしくは3分の1の厚さのものを使用。

棟木(むなぎ)
棟(小屋の頂部)に取付ける横木。両側からの垂木を受けます。棟木を取付けることを棟上げといい、そのための儀式を上棟式と呼びます。

棟(むね)
屋根の頂部のこと。一般に屋根の傾斜面と傾斜面の合わさった部分で、水平のものを棟、傾斜面の方向が変わり、斜めになる部分を隅棟といいます。

母屋(もや)
棟木と平行に取付け、垂木を支える水平部材。束、もしくは登り梁で受けます。90mm角程度の材を900mm間隔程度で設置します。